飲食業|問題なくお店のオープンを迎えるための従業員教育の方法

飲食店を開業する際に、従業員に教育をすることに課題を感じるオーナーの方が多いようです。

実際に、日本政策金融公庫の調査によると、「開業時に注意しておけばよかったこと」として、2番目の得票率で「開業時、従業員に対する教育期間が不足していた」という項目が挙げられています。

提供するサービスのことなどに念入りに準備していると、開店前に「従業員教育のための期間」を割けないことがあるようです。

そこで今回は、「開業前から気をつけたい|効率的な従業員教育の方法」について解説します。

マニュアルを作る

まずは「マニュアルを作る」ことです。

初めての現場で働くことになる「従業員の業務上の不安」を取り除き、「サービスの均質化」を図るためには、「仕事内容が具体的に書かれたマニュアル」を配布し、仕事の流れの全体がわかるようにすることが有効であると言えます。

マニュアルには、なるべく写真を使い、視覚的にわかりやすいデザインにするとより良いでしょう。

チェックシートを活用する

次は、「チェックシートを活用する」ことです。
ホール業務、キッチン業務のそれぞれの業務に合わせて、行ったことに抜け漏れがないかをチェックします。

例えば、トイレ掃除のチェックシートを考えるとします。

【トイレ掃除】
・トイレットペーパーの補充は完了したか
・便器の掃除は完了したか
・洗面台の掃除は完了したか
・床にゴミは落ちていないか
・アメニティの補充したか
・鏡の掃除は完了したか

のように作業内容を1つ1つピックアップし、チェックリストにすることで、「し忘れ」防止になり、スタッフによって掃除内容が異なることが避けられることでしょう。

インセンティブ制度を作る

また、「インセンティブ制度を作る」ことも重要です。
インセンティブ制度とは、「従業員を業務意欲を高めるための報酬制度」のことを言います。

インセンティブ制度の考え方の一例としては、まずは、業務内容を分解し、簡単なことから難しいことまでを並べます。

そして、従業員が、それらの業務内容をどれくらいカバーしているかによって、時給に差をつけるといったものです。

すると、従業員の方々に、時給を上げるために難しい仕事をやる意欲を持ってもらえたり、勤続し、業務内容を習得しようとしてもらえることも期待できるので、「入ってもすぐに辞めない」従業員教育が可能になります。

トレーナー制度を作る

最後に、「トレーナー制度を作ること」も効果的であると言えるでしょう。

従業員によって、飲食店の従業員経験は様々です。
また年次の高い方がいたり、低い方もいることでしょう。

新人従業員が入ってもすぐ辞めてしまう理由には、「教育内容が不明確」「まともに業務内容を教えてもらえないこと」があるかと思います。

そのようなことに備え、新人の方には「相談役・トレーナー」を具体的に設定し、仕事を覚えるまでサポートするように決めておくと、従業員の方によって働きやすい職場を実現できることでしょう。

また、業務内容を覚える効率も上がるので、業務内容を理解していない従業員が多く、店が回らないといったことも避けられることが期待できます。

最後に

これから飲食店を開店することをお考えの方は、おそらく金銭面のことを中心に、お店の立地や外装、集客について検討されることが多いかと思います。

オーナーの方、お一人で営業されるわけではなく、他のアルバイトの方を招く場合には、「いかに仕事内容を覚えてもらえるか」ということも考える必要があると言えます。

また、場合によって「集客」に労働力を避けないこともあるかと思います。
そのような場合には、私たちは「Googleマップ対策」でお力添えできることがありますので、ご興味のある方は、ぜひご相談ください。

おすすめの記事