実店舗ビジネスの集客で無視できないMEOとは?導入の仕方をご紹介

美容室や飲食店を経営する中で、「集客」の問題は大きいかと思います。

ホットペッパーや食べログ、Instagramなど、あらゆるプラットフォームが出てきては、気づいたら「もう今は時代が変わった」と言われ、流行を追い続けながら集客をしなければなりません。

しかし、そのように集客に注力されている方でも意外と盲点になりがちな集客方法があります。
それがMEOです。

本記事では、MEOの説明・導入の仕方についてご紹介します。

MEOとは?

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略です。
つまり、Googleマップなどのマップエンジンに対する最適化を行うことをいいます。

例えば、「(地名) 美容室」でグーグル検索をかけると、いわゆる普通の検索結果よりも上位にグーグル
マップの検索結果が表示されることがあります。

以上のような、地名をキーワードに入れて検索すると出てくるマップの情報の検索順位を上位に上げることで、効率的な集客を期待します。

マップエンジンへの掲載料は無料ですし、一度上位を獲得すると変動が比較的少ないので、MEO対策は費用対効果よく集客ができるとして、注目されています。

特に、同じ地域の競合がまだ対策されていなければ、ご自身のお店を上位表示させやすいので、早めの対策をおすすめします。

MEO対策をするメリットは多い。

以上のように、マップエンジンへの対策のメリットはわかりやすいかと思います。

簡単に、メリットを3つご紹介します。

【メリット】
・初期設定が簡単
・一度上位を取ると、ポジションを確立しやすい。
・広告費用がいらない。(レビューサイトへの掲載に頼り切る集客から脱却できる)

以上のように、メリットは、簡単に初期設定ができ、基本操作自体は特に広告運用に詳しくなくても可能です。

しかし、圏外から上位を獲得するまでの対策や、一度上位を取ったあとに、安定的に上位を取り続けるとなると少し専門知識が必要になることがあります。

そのような場合は、MEO対策業者に運用を任せることが可能です。

レビューサイトなどの広告サイトになると、毎月の掲載料が高額で、また特に集客に繋がっていなくても支払う必要があります。

それに対し、MEO対策業者は、同じく費用はかかってしまいますが、「成果報酬」で運営しているところが多いので、「効果がないのにお金を払うのは嫌」という場合でも比較的安心感を持って発注しやすいかと思います。

【難しい点】
・順位の推移を確認することができない
・対策して効果が出るまでの間の細かい対策法が専門的になってしまい、手間がかかる。

MEO対策は一度上位を取ると、場合によっては飛躍的に集客が可能になる便利な方法ですが、競争の多い立地であると、ご自身で対策するには難しく、専門の業者に頼んだほうがいいことが多いです。

そのような場合は、私どもに一度ご相談ください。

MEOの導入の仕方

では、実際にご自身でGoogleマップでMEO対策をする場合、どのような設定をするか、その「初期設定」のご紹介をします。

ご興味のある方は、ご自身でも簡単に導入できるので、ぜひ一度試してみてください。

既にお店がGoogleマップに登録されている場合

まずはご自身のお店が既にGoogleマップに登録されていないか確認しましょう。
Googleマップにご自身のお店の住所を入れ、検索し、店名が表示されれば、そのお店が登録されています。

そこに存在する「ビジネスオーナーですか?」のところをクリックし、次に進みましょう。

登録されている内容を確認し、修正しよう

【確認項目』
・郵便番号
・住所
・ビジネス名(店名、屋号、会社名等)

まずは以上の3点を確認。

左上に存在する「マイビジネス」のボタンを押すと、管理画面に遷移することができますので、誤りがあった場合はそちらから内容を変更しましょう。


確認コードの取得申請をしよう

【確認方法】
・ハガキ
・電話番号
・メール
・Search Console

次に、オーナー確認に必要な申請を行います。
その確認方法はビジネス内容によって少し変わることがありますが、多くて以上の4つになります。

確認方法がハガキとなる場合には、郵送にかかる時間なども考慮に入れて計画を立てるべきでしょう。

まだお店がGoogleマップに登録されていない場合

まだお店がGoogleに登録されておらず、未登録である場合は新たに登録を行います。

【Googleマイビジネスの新規登録の仕方】
①まずはGoogleマイビジネスのトップページを開き、ビジネス名を入力
②ビジネス名とビジネスカテゴリを入力
③ユーザーが実際に訪れるところかを入力
④住所を入力
⑤既に登録されているか確認
⑥商品配達か出張型サービスか回答
⑦ユーザーに表示する連絡先を入力

確認コードの取得申請をしよう

「既にお店がGoogleマップに登録されている場合」のところでも具体的な確認方法をご紹介しました。

しかし、現在は新規登録時の確認方法は「ハガキ」のみであるようです。
ハガキがいつまで経っても届かないようでしたら、確認の連絡なども行う必要があります。

最後に

今回は、MEOとは何か、また簡単なGoogleマイビジネスへの登録方法をご紹介しました。

これから美容院・サロン・飲食店など実店舗ビジネスを開始される方は、ぜひ試してみてください。
MEOに関しては、当サイトから見積もりなどの相談を行えますので、ご興味のある方はぜひ相談してみてくださいね。

おすすめの記事