ランディングページを作る4つのメリット|ホームページより効果的?

「ランディングページはなんで作る必要があるの?」
「ランディングページは他のWebサイトに比べると何が違うの?」

と感じている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

ランディングページは、一般的に「読者を特定の行動を促すページ」であるとされています。
そのようなランディングページを作成するにあたって、その効果がイメージできなければ、不安になるものです。

そこで今回は、「ランディングページを作るメリット」についてご紹介します。
これからWeb集客を検討されている方は、今回の内容を参考にしてみてください。

ランディングページのメリットは4つある

まず、当サイトではランディングページは3種類あるとしていますが、今回はその中でも最もメジャーな「縦型」のランディングページについて解説します。

その縦型ランディングページを作るメリットは、大きく分けて、以下の4点にあると考えています。

 「ランディングページとは何か」については、「ランディングページとは?|3つの種類とその使い分け方」という記事で解説しているので、気になる方はこちらもご覧ください。

①離脱が起こりにくい

メリットの1つ目は、「ユーザーの離脱が起こりにくい」という点です。
通常、ユーザーが離脱するタイミングとは、ページを遷移するときです。

そのため、1枚で完結し、ページ遷移の必要のないこのランディングページを閲覧するユーザーは離脱しづらく、発信者がユーザーに伝えたい情報を効果的に伝えることができます。

一般的に、ページ遷移ごとに約30%の割合で離脱するとされているため、ビジネスの観点から考えると、この離脱しにくいというメリットはかなり大きいことがわかります。

②情報を1ページに集約することができる

メリットの2つ目は、「情報を1ページに集約することができる」点です。
このメリットは、発信者のメリットというよりは、ユーザーのメリットと考えることができます。

通常のホームページのような形のWebサイトであると、欲しい情報が複数のページに記載されている場合があります。

そのような形ではユーザーが欲しい情報を素早く提供することができず、満足度を下げてしまいかねません。
先に示したように、この複数ページに記載された形であると、その分ページ遷移の回数も増えてしまうため、離脱リスクも高まります。

そのため、「情報を1ページに集約することができる」ことは、ユーザーにとっても、発信者にとってもメリットがあると言うことができます。

③最も効果的な構成で読者に訴求することができる

メリットの3つ目は「最も効果的な構成で読者に訴求することができる」点です。

縦型の1枚のランディングページを作る目的は、やはり「特定のコンバージョンを期待する」ということ。

そのような目的を果たすべく、発信者はユーザーに情報を提供するわけですが、この「情報の提供する順番」を発信者側が自由に構成し、効果を上げることができるのがメリット。

例えば、通常のホームページであれば、「商品の機能説明」「料金」「よくあるお問い合わせ」などの情報だけで終わってしまうこともあります。

しかし、本当に顧客にその商品を買ってほしいと思うなら、「こんなお悩みありませんか?」と問題提起から行いたいかもしれません。

そのような単なる情報提供だけなく、「セールス」を意識した構成をする場合、ランディングページは効果的に扱うことができます。

④デザインによる訴求が可能になる

メリットの4つ目は「デザインによる訴求が可能になる」点です。
皆さんも一度は目にしたことがあるランディングページは、ファーストビューで印象的な画像が使われていたのではないでしょうか。

商品画像の写真だけであると、「その商品を欲しい」を思わせることが難しいかと思います。

ランディングページであると、通常のホームページとは異なり、レイアウトに制限がないので、自由にデザインすることができます。

Web集客をする際にデザインで訴求をしたいなら、ランディングページを作ることも考えてみてください。

最後に

ここまで「ランディングページを作る4つのメリット」についてご紹介しました。

中には、「ホームページは要らない。ランディングページだけで十分」「ホームページよりもランディングページを作る方を優先すべき」とまで言う方もいらっしゃいます。

いずれにしろ、Webを活用してマーケティングを行うなら、無視できない手段の1つです。

「これからランディングページの制作を外注しようかな」と検討されている方は、ぜひ弊社にもご相談ください。

おすすめの記事