【初心者必見】WordPressとは?|制作代行業者の比べ方・選び方

ホームページやWebサイトの制作について調べてみると、度々目にする「WordPress」という単語。

このWordPressは世界的に有名なCMSの1つであり、多くの導入事例が存在します。

導入・運用が簡単であることから、その事例は「大企業」から「個人ブロガー」まで。

今回は、このWordPressが「なぜここまでWordPressが人気なのか」「どのように活用されているか」ということをお伝えした上で、「どのような業者に制作代行を依頼するべきか」ということを考えてみます。

そもそもCMSとは?

CMSとは、「Contents Management System(コンテンツ マネジメント システム」の略です。

簡単に言うと、Webサイトに必要なコンテンツ(テキストや画像、動画など)を一元的に管理するシステムのことを言います。

Webサイトをゼロから立ち上げて管理しようとすると、プログラミングコードを書いたり、コンテンツをアップロードしたり等、「導入」「運用」の面で多くの手間が生じます。

さらに、そのアップロードされたコンテンツをしっかりと保存したり、他の機能を付け加えたり、と更に発展した運用をしようとすると、多くの労力を割かなければなりません。

しかし、CMSを使うと、コンテンツの管理がそのシステム内でできてしまう上、直感的な操作が可能であるため、Web周りの知識があまりない人でも、簡単に自分のWebサイトを作ることが可能なのです。

WordPressをみんなが使いたがる理由

以上のようなメリットを持つCMSですが、その中でもWordPressは、世界で最も人気なCMSの1つと言っても過言ではありません。

なぜ現在においてもWordPressが人気かという説明をするには多くの理由が存在するかと思いますが、それらを集約すると、主に以下のことが理由として考えられると思います。

あくまでも「人気になった理由」ではなく、「なぜ現在において使われやすいのか」という理由です。

1、無料だから
2、操作が簡単だから
3、見た目のテンプレートが豊富だから
4、拡張機能が多いから(幅広い需要に対応できるから)
5、ユーザーが多く、困った時に情報がネット上に多くあるから

私は以上の5つが理由として考えられると思います。

特に、「操作が簡単」「ググれば何か解決策が出てくる」というのは、Webについて詳しくない人もそのWebサイトを扱う可能性がある組織にとっては、ぴったりですよね。

実際にそのような考えがあったのかはわかりませんが、大企業でもWordPressを使って、そのホームページを運用している例も少なくありません。

WordPressを使っている企業のWebサイトの例

WordPressを採用しているかどうかの判断は、そのページのソースコードを確認し、WordPress特有のコードが有るか無いかでしています。

①博報堂

スクリーンショット 2020-12-28 20.24.31.png

②楽天

スクリーンショット 2020-12-28 20.25.24.png

③ZOZO

スクリーンショット 2020-12-28 20.27.23.png

WordPressの代行業者は何で比較するべきか

以上のように、WordPressは幅広く支持されていることがわかります。

それ故に、代行業者がWordPressを使いたがることも想像に易いことかと思います。

では、WordPressを使ったホームページ制作を、自分が外注する場合に、どのような観点から比較をするべきなのでしょうか。

それは、①SEO・②MEO・③UI/UXに対する知見があるかどうかにあると考えます。

①なぜ「SEO」の知識を持っている代行業者の方がいいのか

SEOとは、「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略です。

要するに「SEOを知識を有している」ということは、「検索エンジンでいかに上位に表示させるか」の知識を有しているということです。

この知識はどの業種のWebサイトにとっても、欲しい知識ではないでしょうか。

今やあらゆる人がGoogleの検索エンジンを使うことでしょう。

その中で、上位に表示させられる知識がある方に代行してもらうことができれば、それは単なるWeb制作代行以上の価値はあるとみなすことができますよね。

②なぜ「MEO」の知識を持っている代行業者の方がいいのか

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略です。

簡単にいうと、Google検索時に表示されるGoogleマップのビジネス情報の中で上位表示するための最適化を行うということです。

以下の例では、Google検索で「東京 居酒屋」と検索すると、Webページの検索結果より上位に、Googleマップの情報が出てきます。

このGoogleマップの情報の順位にもアルゴリズムが存在し、それに対策することをMEOと言います。

スクリーンショット 2020-12-28 22.19.20.png

これに関しては、特に飲食店や美容室の方でこれからホームページを制作・外注しようとお考えの方にとっては、無視できないのではないでしょうか。

③なぜ「UI/UX」の知識を持っている代行業者の方がいいのか

UIとは、「ユーザーインターフェース」の略です。

これは、Webサイトのデザインなどの全ての外観・ユーザーの視覚に触れるすべての情報のことを指します。

一方で、

UXとは、「ユーザーエクスペリエンス」の略です。

これは、ユーザーが、製品やサービスを通して得られる体験のことを指します。

具体的には、視覚的に「見やすい」「綺麗」と思わせるために工夫するのが、UIデザイン。

また、そのUIデザインをもって、円滑にユーザーをサイト内で回遊・行動させるために工夫するのがUXデザインです。

この「見た目の良さ」と「体験の良さ」は、Webサイトにおいては両方が揃って成り立つものなので、まとめてUI/UXと呼ばれることが多いようです。

これに関しても、Webサイトのオーナーは、「カッコいい/可愛い見た目」のサイトに訪れたユーザーを、円滑に「予約/成約」に導きたいことでしょう。

そのため、代行業者の選定の上で、その知識の有無がその結果を左右するに違いありません。

最後に

以上のことから、WordPressがいかにCMSの中で人気のあるものなのか、また、その制作代行において何に気を払うべきかがわかったのではないでしょうか。

これから制作代行に関して情報収集する方は、ぜひ私たちにもお気軽にご相談ください。

おすすめの記事