飲食業|開業時に注意しておけばよかったこととは?

「これから飲食店を開業することを考えているけども、何に注意した方がいいのかがわからない」
「開業前に予め問題に対処しておきたい」

と、飲食店の開業に合わせて、予め何を準備しておけばいいか気になる方は多いかと思います。

飲食店は、物理的な店舗を有しながら、日々お客様を集め、営業を回す必要があるので、難易度が高く、なるべく最初の時点で躓かないように、先回りして対策をしたいのではないでしょうか。

そこで今回は、「飲食業の開業時に注意しておくべきこと」についてご紹介します。

飲食業の開業時に注意しておけばよかったことは?(複数回答)

日本政策金融公庫より、
・自己資金が不足していた(26.8%)
・開業時、従業員に対する教育機関が不足していた(25.9%)
・ターゲットとする顧客をもっと明確化しておけばよかった(23.0%)
・物件の選定にもっと時間をかければよかった(22.6%)
・商品・サービスの価格設定が問題があった(20.5%)
・外観・看板の視認性に問題があった(20.1%)

日本政策金融公庫の調査によると、上記のようなことに対して、「開業時に注意しておけばよかった」と考えるオーナーが多いことがわかります。

最も注意すべきであることは、自己資金についてです。
ご自身で用意した資金に加え、融資など、開業前の段階で自己資金を集めることになりますが、それでも「足りない」と感じる方は多いようです。

これらの抜粋した上位6つの問題から読み取れるのは、

  • 事業が軌道にのるまでのお店としての体力
  • 集客
  • 営業中のオペレーション

以上のことに課題を感じやすいということではないでしょうか。
では、この3点について検討するべきことについて、解説します。

飲食店開設費用とその内訳|運転資金の準備は十分?

日本政策金融公庫の調査によると、飲食店の開設費用は、883万円です。

その中の内訳については、以下のようになっています。

  • 内外装工事
  • 機械・什器・備品等
  • 運転資金
  • テナント貸借費用、など。

883万円という金額について、飲食店の開設費用の参考になりますが、それでも「資金が足りなかった」と感じる方が多かった訳であるため、特にこの「運転資金」については検討した方が良さそうです。

同調査によると、運転資金に充てている額は2割の169万円程度です。
一般に、軌道に乗るまでの期間の運転資金は用意するべきであると言われているため、開業してから問題が発覚しないよう注意したいものです。

「融資を受ける際に気をつけるべきこと」や「どれくらいで事業が軌道に乗るのか」など、自己資金については以下の記事で解説しているので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてください。

大手ナビサイトに頼らない|WEB集客をする方法

また、開業前・後でも実施しやすい簡単なWEB集客方法として、私たちはMEO(マップエンジン対策/Googleマップ対策)をおすすめしています。

もちろん大手のナビサイト・レビューサイトへの登録は効果的ではありますが、継続して上位表示させようとすると、その費用が気になるかと思います。

MEOとは、マップエンジン対策。
つまりGoogle検索時の、Google マップでの検索結果の表示ランキングを上げることを言います。

こちらへの対策は早いほど、結果への反映も早くなり、大手ナビサイトなどへの掲載費用と比べると比較的安価に実施することができます。

「(地域名) 居酒屋」など、地域名と飲食ジャンルのキーワードなどで、ご自身のお店の地域で掲載することをお考えの場合は、ぜひ私たちにご相談ください。

また、業者に外注せずとも、ご自身でも登録は可能です。
ご自身で行う際には、以下のページより解説しておりますので、ご覧になってみてください。

飲食店の価格設定をする際に気をつけるべきこと

当サイトでは、価格設定を考える方法は、大きく2つご紹介しています。

  • 原価から計算する方法
  • 対象としたいお客様像・客層から計算する方法

詳しくは、以下の記事から解説しているので、これからメニューの価格について考える方は、ぜひ参考にしてみてください。

オープン前に行う|効率的な従業員教育の方法

開業前にできる従業員教育の方法としてご紹介するのは、以下の4点です。

  • マニュアルを作る
  • チェックシートを活用する
  • インセンティブ制度を作る
  • トレーナー制度を作る

詳しくは、以下の記事で詳しく解説しているので、ご興味のある方はご覧になってみてください。

十分に従業員教育がなされてないまま開店をも迎えるのは、できるだけ避けたいものですよね。

限りある準備期間には、これらの方法を利用しながら効率的に従業員の準備を進めていきたいものです。

最後に

飲食業を開業する前段階の準備は仕事量が多いことが予想されます。

しかし、この段階で偏った準備内容であれば、開店後に問題に対処することになり、通常の営業以外のタスクが多くなるために、煩雑になるかもしれません。

過去のオーナー様の参考資料をもとに、未然に問題を防げるようにしたいものですね。

私たちは飲食店や美容業の方を対象に「WEBサイト制作」「MEO(マップエンジン対策)」を行なっています。
WEB集客の際には、ぜひ私たちにもご相談ください。

おすすめの記事